授業品質

授業システム

「学校の品質、それはまず授業の品質にある」。この基本ポリシーに基づき、授業を構成する「クラス体制」「講師」「設備環境」「授業日程」「授業ディレクション」などの最適化を計るべく、開講前に綿密な準備を実施。受講生が短期間で最も効率的に習熟度を上げる授業システムの構築に、学校の一番のエネルギーを注いでいます。また、「クオリティマネジメントシステム」の運用により、さらに改善される。このように受講生をプロフェッショナルに導く基盤が創られていきます。





授業品質管理

授業の品質と受講生満足度をあらゆる角度から管理する「クオリティマネジメントシステム」。全ての受講生に最適な授業を提供するため、授業をさまざまな角度からチェックし、問題点があれば迅速に対策を講じます。具体的なチェック方法としては、「受講生アンケート」「授業視察」「個別ヒアリング調査」「出席率分析」「小テスト」「授業レポート」など、きめ細かく行います。これらの「クオリティマネジメントシステム」の運用により、教育業界屈指の授業品質を維持することができます。


このページの先頭へ