受講サポート

突然の欠席にも対応できる「クラス振替受講制度」、修了後も担当講師や教務がアドバイスしてくれる「作品制作サポート」、PC 設備や周辺機材を3 年間無料で利用できる「フリートレーニング制度」、一度受講したコースをもう一度受講できる「再受講制度」(条件有り)、ソフトウェアを特別価格で購入できる「アカデミック版の提供」など、東京デザインプレックス研究所では多彩な受講サポートを行っている。また、東京デザインプレックス研究所のコースの多くが「厚生労働大臣指定教育訓練給付講座」に認定されている。

クラス振替受講制度

授業は現役のデザイナーやクリエイターである専任講師が一貫して担当。受講生一人ひとりの特徴や方向性を踏まえて授業を進行する。常に、受講生の実力や理解度を把握し、責任を持って指導する。また、クラス制なので共に勉強する仲間がいる点も心強い。

作品制作サポート

東京DPでは業界ニーズを熟知した講師や教務スタッフが、就職活動で最も重要となる「オリジナル作品」のアドバイスを実施。作品制作の技術的アドバイスから、プレゼン方法、企業に合わせた提出作品の選定まで、在学中だけでなく修了後も実施する。

フリートレーニング制度

自習(予習・復習)や作品制作などで、教室のPCを無料で利用できる制度。その際に、プリンタやスキャナなど周辺機器やインターネットも利用可能。受講修了後も入学後3年間は継続して利用可能。平日昼間はもとより、夜間や土日も教室を開放している。

再受講制度

一度受講した教科をもう一度受講できる制度である。在籍するクラスの出席率80%以上なら誰でも利用できる。納得いくまで受講できるため、自分のイメージどおりの到達レベルで修了できる。※再受講料は教科により特別価格を設定。詳細は要確認。

厚生労働大臣指定教育訓練給付制度

東京デザインプレックス研究所のコースの多くが「厚生労働大臣指定教育訓練給付講座」に認定されている。就業者または就業経験者の方で教育訓練給付の支給要件を満たしている方は、国から学費の20%(最大10万円)が給付される。※詳細は入学事務局に要確認。

アカデミック版の提供

東京デザインプレックス研究所の受講生は、各ソフトウェア会社で提供している教育機関向けソフトウェアパッケージを格安で購入することができる。自宅でPC制作環境を完備させたい場合などに利用できる。※購入できるアカデミック製品や価格の詳細は要確認。

認定校

東京デザインプレックス研究所では、「サーティファイ認定試験」「商業施設士資格試験」などのように、基礎理論と連動させることで体系的な学習が実現できる資格についてはカリキュラムに導入している。また、Autodesk 社やA↦A 社のように、デザイナー教育に注力する企業ともパートナー提携を結んでいる。その他、国内外のトップクリエイターや本校の教育方針に賛同する多数の企業・団体と信頼関係を構築し、実践的なデザイン教育を実現している。

Autodesk認定校

東京デザインプレックス研究所は、Autodesk認定校(Autodesk Authorized TrainingCenter)である。Autodesk社の認定基準(Autodesk製品の教育実績、PC教室の設備と環境、講師の指導レベルなどの諸条件)を全て満たしている。

A&A.Vectorworks認定校

東京デザインプレックス研究所は、空間デザイン・建築・インテリア業界で圧倒的シェアを誇るVectorworksの認定校である。Vectorworksアカデミック版の提供やVectorworks操作技能認定試験の優遇など受講生特典も充実している。

(公社)日本グラフィックデザイナー協会会員

東京デザインプレックス研究所は、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)の会員として活動している。JAGDAは、日本全国に約3,000名の会員を擁する日本で唯一のグラフィックデザイナーの全国組織である。

サーティファイ認定試験会場校

東京デザインプレックス研究所は、サーティファイ認定試験会場校として、Webクリエイター能力認定試験、Illustratorクリエイター能力認定試験、Photoshopクリエイター能力認定試験などに対応しており、資格取得が可能である。

Autodesk認定校

当校の商業施設関連課程は、(公社)商業施設技術団体連合会より商業施設資格認定校とされている。また、商業施設士補資格取得は、本校の商業施設関連課程+商業施設士補資格講習会を受講修了することで資格取得できる。