STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

デザイナー
植野 かなこKanako Ueno

PROFILE
26歳 DIGITAL ART STUDIO グラフィック/DTP専攻

デザインが大好き。死ぬまでいいモノを創るべく精進します。

大学時代の就活では、進路を決めるのにかなり悩みました。様々なアルバイトやインターンに参加しては「なんか違う...」の繰り返し。でも、ひとつだけ気づいたのは、無意識のうちにデザインのことを話題にする自分。幼い頃からアートやデザインが好きだったんですが、美大に行かない時点で、もう道は閉ざされたと思い込んでました。でも「自分が本当にやりたいことをしなきゃ」と考えを改めたんです。

この学校に通うことを決め、第一回目の授業。感想は「ワクワクが止まらない!」でした。勉強を重ねていくうちに、デザイナーになる、と心が決まりました。でもその後は、もう必死。先生やクラスメイトから刺激を受けたり、プレックスプログラムを受講しながらデザイナーのあり方を叩き込まれました。

学校でインターン募集の情報を得て参加したことがきっかけで、川上シュンさん率いる『artless』でデザイナーとして働いています。アシスタントの頃は、自分のデザインに納得がいかず、悔しい思いをする毎日。上手くなりたい一心で、寝る時間も惜しんで作業したこともありました。案件を任せられるようになってからは、「もっと喜んでもらえるデザインにするには?」「こんな提案をしてみたい」と外向きに考えがシフトしていきました。

自分はデザインが大好きです。知れば知るほど楽しくなります。でも、美大コンプレックスは正直まだある(笑)。今もビジュアル表現に向き合ってこなかった時間を埋め合わせるように、いろいろ見たり、今後どう活躍すべきかを考える日々です。この想いを忘れずに、「植野さんだから頼みたい」と言ってもらえるデザイナーを目指し、死ぬまでいいモノを創れるよう精進するつもりです。

オススメの記事