STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

グラフィックデザイナー
荒岡 碧Midori Araoka

PROFILE
26歳 DIGITAL ART STUDIO グラフィック/DTP専攻

閉じ込めていたこと、出会った人達に引き出してもらいました。

小さい頃から絵を描くことが大好きでした。ある時バイト先の店長が私の絵をみて、販促のために絵を描くように言ってくれたんです。そこで初めて “売上につながる絵=デザイン”なんだ、ということに辿り着きました。絵を描くことが仕事に繋がる可能性を感じ、デザインを学ぼうと思ったのです。 Macもソフトもこの学校で初めて触れました。これらの便利なツールを使えるようになって、表現の幅が広がるし効率もいいし、なんでもっと早く使わなかったんだろう、と思いましたね。私は、音楽とか数字とかに触れると、そういうものが頭の中にぶわぁっとヴィジュアルとして広がるんです。それが変なのではなくて、アウトプット方法としては有りなんだ、って気づいたのもこの学校の授業でした。自分の中に閉じ込めておこうと思ったことを、「良いね!」って、いろいろな人たちに引き出してもらったような気がします。現在、デザイン会社に勤めています。SNSで描いた絵や、制作活動を見た社長がスカウトしてくれたのです。手掛けているのは、プロダクトデザインから、広告・Webデザインまで様々。自分がデザインしたものを自分の広告企画でプロモーションできることが面白いし、やりがいです。デザインが具体的な売上として返ってくるシビアな世界ですが、戦略を通じて自分の表現力が磨かれていく実感があります。 自分にとっては、作ることが当たり前。表現していないと苦しくなっちゃう、と気づいたのは最近なのですが、だからこそ、仕事でそれが果たせられるのはとても幸せなことです。明日もしかしたら死ぬかもしれない。だから、1日1日攻めていきたいと思っています。

グラフィック/DTP専攻へ

オススメの記事

イラストとサッカー、これらが就活で役立ったかもしれません。

グラフィックデザイナー大谷 友之祐 Yunosuke Otani 22歳

DETAILS: 詳細へ
DETAILS: 詳細へ
いつでも情熱を持ってデザインしたい。

パッケージデザイナー渡邉 唯 Yui Watanabe 26歳

DETAILS: 詳細へ