STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

グラフィックデザイナー
齋藤 治郎Jiro Saito

PROFILE
23歳 DIGITAL ART STUDIO グラフィック/DTP専攻

面白いと思うことに向かって、これからも邁進していきます。

中学、高校と男子校。時刻表を全部覚えてるヤツ、ミリタリー映画の銃器の名前を言えるヤツ…風変わりで面白い友達に恵まれていた気がします。一方、自分はファッション、特に革ジャンやブーツが好きで雑誌をよく読んでいたことから、デザインを意識するようになりました。大学生の時、Webマーケティング会社のインターンに参加。デザイン業務がしたいと伝えましたが、「未経験では難しい」と言われて。それが悔しくて、この学校に通い始めました。

専攻はデザインの根幹かなと感じたグラフィックデザインです。一言でいうと楽しかったですね。フォトイメージの授業で写真の面白さに気づいたのは特に良い経験で、今も撮影スキルを磨いています。

デザインスキルにおいて、どうしても自分より上手い人とは勝負できません。だから就職活動は、とにかく面白いヤツだなと、人柄を見てもらえるように心掛けました。面接も革ジャンを着て、ブーツを履いて、素の自分で。事前に学校のスタッフに就職相談をして色々と話し合い、後押ししてもらいましたね。恰好だけじゃなくて、会社のことや仕事内容、さらに実際にその会社が手掛けた施設やお店にも足を運んで、自分なりの質問をたくさんリストアップして臨みました。その結果、晴れて『ダイナマイトブラザーズシンジケート』に就職できました。

「面接で全身黒づくめのヤツが、意気込んで質問攻めするから驚いたな」と、いまだにに上司に言われます。意気込む姿勢は今でも変わってなくて、社内の勉強会に参加したり、先輩や上司にデザインのことを聞いたり。仕事に対しても「自分がやります」という心持ちですね。これからもデザインや、自分が面白いと感じる方へ邁進していきます!

グラフィック/DTP専攻へ

オススメの記事