STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

UI/UXデザイナー
小林 拓也Takuya Kobayashi

PROFILE
26歳 COMMUNICATION DESIGN STUDIO デジタルコミュニケーションデザイン専攻

クリエイティブの中枢になって日本と海外の橋渡しをしたい。

大学卒業後、自分は漠然とクリエイティブ職につきたいと思い、ヴィジュアルデザイン会社のアシスタントプロデューサーになりました。でも、良い仕事は得てしてデザイナーが主導権を握っている現実を目の当たりにしたんですね。プロジェクトの中枢となるためにはデザインができるようになったほうがいい。そう考えて半年で仕事を辞め、1年間この学校で学ぶことにしました。段階を追ってデザインの基礎と応用を学べるカリキュラムの中、自分はデザインに至るまでの考え方、コンセプトづくりを重視して課題作品に取り組みました。そうすると、結果的に装飾性のないものに仕上がることが多かった。でも、そのほうが実はユニバーサルで、人がすんなりと情報をくみ取れるものになるなと気づいたんです。さらにシンプルであればあるだけ、建築や音楽などへの応用性にも富んでいます。このデザインは、人々の日々の暮らしや経験にどんな影響を与えるだろう、そう考えてつくることが自分の強みだと気づき、現在は(株)A.C.OでUI/UXデザイナーをしています。今は、論理的なものづくりをすることが自分のやり方ですが、もっと経験を積んでいけば、それが体に染みついて“カン”や“感覚”と呼ばれるものになると思うんです。早くその域まで達して、理論を凌駕したいですね。また、デザイナーという肩書を得たことで、他の分野のクリエイター達とダイレクトに繋がれることも、デザインを学んで良かったと思う点です。そうした繋がりも活かしつつ、いつの日か、海外を拠点にした働き方がしたい。特定の分野で日本と海外を橋渡しするようなことができればいいなと感じています。

デジタルコミュニケーションデザイン専攻へ

オススメの記事