STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

UI/UXデザイナー
小菅 善治Zenji Kosuge

PROFILE
26歳 BUSINESS DESIGN STUDIO UI/UX専攻

UI/UX、チームづくり、写真表現を強みに、自分らしく働きたい。

大学卒業後、社会動向が知りたいと感じて飛び込んだのは証券会社でした。営業として働きながら感じたのは、「データを持ち、活用している会社は強い」ということ。そしてデータを集める入り口となるのは、Web やアプリです。それらの媒体に精通したいと考えたことが、WebやUI/UXを学ぼうと思ったきっかけです。

だからといって、エンジニアやデータ解析の仕事は、自分らしくない。もともと音楽、ダンス、写真などをやっていて、チームをつくって表現することが好きな性分です。また、自分は仕事を選ぶうえで“稼げるかどうか”も重要視しています。収入の高い低いではなく、いつどんな時でも仕事があるかどうか、というスタンスでの“稼げる”です。今、WebデザインやUI/UX設計のロジックを知って、土台を固めておけば、今後世の中がどんな状況になったとしても、応用していけるのでは、と考えました。

受講を修了して働き始めた事業会社では、私が一人目のデザイナー採用。デザイン部門をこれから立ち上げようとしていて、組織づくりにも関わる機会が得られそうで、良いチャンスだと思いました。会社は、社員の自立性に重きを置く社風。在学中に作ったマッチングアプリを見せたところ面白がってくれましたが、スキルというより、考え方や姿勢を評価してもらったと感じています。

自分の目標は、この学校の先生のような働き方です。企業案件のUI/UX設計のほかにもファッションデザイン、テキスタイル開発などを手掛けている先生は、まさにロールモデル。UI/UX設計、チームづくり、さらには写真表現のスキルなども強みとして、自分らしく柔軟に働いていきたいです。