PLEX PROGRAM REPORT

  • コンセプトデザイン
  • デザインプロセス
  • デザイントレンド
  • デザインプレゼンテーション
  • コミュニケーションデザイン

「続6 LOVE人間」

2019年2月9日(土)

資生堂アートディレクター/アーティスト

成田 久 氏

Hisashi Narita

<PROFILE>

アーティスト、アートディレクター。1997年多摩美術大学卒業。1999年東京藝術大学大学院修了。2013年キュキュキュカンパニー設立 。2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」、NHK東北キャンペーン「ただいま、東北♥」、尾上松也主催歌舞伎「挑む」2013~15年、劇団はえぎわ「ハエのように舞い 牛は笑う」「飛ぶひと」「ゴードンとドーソン」、矢柴俊博一人芝居「ヤッシーナイト2」、ハナエCDジャケット&ミュージックビデオ、ウィリアムス浩子CDジャケットなどのアートディレクションを手がける。展覧会も多数開催。台湾にて個展「衣殖」展開催。「高円宮殿下記念 ローザンヌ・ガラ 2013」、「佐々木三夏バレエアカデミーPerformance2014-15」衣装制作。雑誌「装苑」にて演劇レビュー連載中。株式会社資生堂 宣伝・デザイン部に所属。

成田 久 氏

第1部:講義「LOVE 人間」

講義1

今回のプレックスプログラムは7回目のご登壇、資生堂のアートディレクター成田久さんをお迎えして行います。成田さんは主に数々の大物俳優たちを起用したCMや広告のプロモーションデザインを手がけられていて、みなさんも一度は目にしたものばかりだと思います。また、アーティストの一面も持ち合わせており、その活躍は多岐にわたります。「明日は大好きな女優さんと撮影します☆」などと成田さんのキャッチーなキャラクターに学生たちからも笑みがこぼれている中でのプレックスプログラムの始まりです!

講義2

まずは成田さん自身の紹介ムービーを通して、自己紹介していただきます。成田さんは多摩美術大学のテキスタイル科に進学しテキスタイルの勉強を修めます。多摩美のテキスタイル科はファッションというよりも素材をつくる系の学科だったそうです。元々、舞台が好きで当時の歌番組でのショー的なキラキラした雰囲気に憧れを持っていて、そういった流行をつくることがやりたいという気持ちが資生堂に入る契機となったと語っています。今までの経緯を語っていただいたところで、次にお仕事のご紹介に移ります。

講義3

最初に「資生堂TSUBAKI」ついてのお話です。リニューアルプロモーションのお仕事でイメージを一新する必要があったため、過去に錚々たる女優陣を起用していたコマーシャルに福山雅治さんを抜擢したとのことでした。イメージは成田さんが過去に見たドラマのワンシーンから着想されており、素敵な男性に髪を洗ってもらうことで女性が良い気持ちになるという妄想をイメージ。ブランドイメージを一新することに成功しています。制作までの経緯や資生堂内ブランドのお仕事のアサインについてなどの裏情報も含め、詳しくお話いただきました。

講義4

続いては「UNO FOGBAR」シリーズのプロモーションについてです。イケメン俳優たちを起用し、演出家の方にダンスパフォーマンスを用意してもらい制作したそうです。また商品セット品の中に「オー!マイキー!」の映像を混ぜるなど、趣向を凝らした演出を心掛けたと成田さんは語ります。その他にも2012年に「PARCO」夏キャンペーンの広告・CM、その翌年にはNHKの大河ドラマ「八重の桜」のメインビジュアルを担当し、そしてまた舞台ソムリエとして、雑誌「装苑」に連載を持つなどその多才な一面を紹介していいただきました。

第2部:ワークショップ「ラブレターを書こう!」

ワークショップ1

後半はワークショップです。テーマは毎度恒例となった「LOVE人間」。成田さんの作品は見るだけでHAPPYや楽しさが伝わってきます。その原動力となっているのはいつも好き(LOVE)という気持ちだという成田さん。今回はそんな皆さんのLOVEな想いをラブレターにしたため告白してもらいます。有名、無名、生き物やモノでもなんでも構いません。自分が将来クリエイションしたいようなものを対象に、いざ告白タイムです!告白する人は成田さんの引いたクジによって決まるのでもちろんランダム。みんなドキドキしながら告白の時を待ちます。さあ、成田さんのLOVEパワーを超えるようなLOVE人間は現れるのでしょうか!?

ワークショップ2

それではいくつか紹介していきます。まずは「紅の豚」への想いを熱く語ってくれたトップバッターの学生から。素敵にしたためた文才溢れる表現でメッセージを披露してくれました。紅の豚に憧れバルセロナに住んでいたこともあるほどでLOVEが溢れていました。続いての学生はゲーム「ドラゴンクエスト」への告白です。シナリオ、グラフィック、音楽全てが完全に調和しており、ユーモア溢れる世界観に常に魅了されてきたと語る学生。人を恨んではいけないというヒューマニズムを「ドラゴンクエスト」から学んだとLOVE溢れるメッセージを披露してくれました。

ワークショップ3

間髪入れず、クジを引く成田さん。まだまだLOVEな発表は続きます。次は元横綱力士「朝青龍関」への告白です。最初はダーティなイメージも相まって「朝青龍関」のことは嫌いだったそうです。でもその取り組みでの美しい足さばき、身体の使い方、シコを踏む際の綺麗な所作にあっというまに心変わりをしたとのこと。嫌いから好きへ一気に移る今までにない気持ちを体験させてくれたとLOVE溢れるメッセージを披露してくれました。続いては動物「カピバラ」への告白。「カピバラ」は鳥やワニなど様々な種と仲良くすることができ、できそうでできないことをしていると語る学生。そんな「カピバラ」に対して、LOVE溢れるメッセージを送っていました。

総評

では最後に成田さんにご感想をいただきます。「自分の好きなものを言葉にしたり、書くことってすごく大事なことだと思います!思っている以上にそういう事がきっかけでいろんな人が助けてもくれたりします。デザインって一人では決してできないので。妄想していていつかできることって皆さん若いから絶対あるし、あとチャンスって意外と遠いけどちょっとずつちょっとずつ20年思えば叶うこともあるので絶対諦めないほうがいいと思います。そして是非いつか皆さんと一緒にお仕事ができたらいいなと思います!」成田さん、今回もありがとうございました!

このページの先頭へ