STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

プランナー
傳農 善貴Yoshitaka Denno

PROFILE
23歳 COMMUNICATION DESIGN STUDIO デジタルコミュニケーションデザイン専攻

目指すのは地方創生。地元・秋田の魅力を発信したいです。

学生リーダーをしていました。清掃活動を通じて“街づくり”をする、自分たちが住む街をカッコ良くするというコンセプトに共感したことが加入の理由です。街づくりとまではいきませんが、自分が常々考えていたのが、出身地である秋田のことをうまくアピールできないだろうか、ということでした。良いところはいっぱいある。だけど伝え方が垢抜けてないというか、なんとか変えたいという気持ちから、広告代理店への就職を目指したんですね。でも、うまくいきませんでした。かろうじて内定をもらっていた会社があったので、まずはそこで頑張ろうとした矢先、今度は単位の取り違いで留年することに…。これを好機と捉え、もう少し時間をかけてでも自分の進みたい道へ向かうべきと考えたことが、この学校に入った経緯です。 学校では、デザインを学ぶ中で、スキルだけでなく、企画しながらヴィジュアルをつくるノウハウを身につけられたことがよかったです。それに加え、ブランディングの実践授業が自分のやりたいことの、ど真ん中を突いていました。グループでディスカッションしながらひとつの企画を立てる工程も楽しかった。「地方にどう人を呼び込むのか」ということを題材にして課題に取り組んだので、まさに自分ならではのカラーも出せました。 その間も、greenbirdの活動を行っていたので、学校で培ったデザインスキルを活かしてWebやフライヤーなどを作成していました。でもやっぱり、自分は手を動かす工程より、コンセプトやテーマ設定を考えてアウトプットすることが好きだし、得意なんです。だから就職活動でも、プランナー職を募集している会社に絞って動き、(株)ブランから内定をもらいました。 現在もことあるごとに、地元・秋田について、どのように魅力を伝えたらいいかを考えています。地方創生は難しい問題であることは確かです。このように、自分ごとも含めて、クライアントに対しても、上辺だけでなく本質的な魅力を伝えられるようなブランディングを提案していきたいと思っています。

デジタルコミュニケーションデザイン専攻へ

オススメの記事

周囲の知恵や力を借りて、ワイワイやっていきたい。

ブランディングディレクター藤井 七瀬 Nanase Fujii 26歳

DETAILS: 詳細へ
デザインを学ぶのが自分らしい選択とチャレンジでした。

グラフィックデザイナー永田 礼佳 Ayaka Nagata 27歳

DETAILS: 詳細へ
クリエイティブの中枢になって日本と海外の橋渡しをしたい。

UI/UXデザイナー小林 拓也 Takuya Kobayashi 26歳

DETAILS: 詳細へ