プレックスプログラム レポート

  • コンセプトデザイン
  • ボーダレスデザイン
  • デザインプロセス
  • プラスデザイン
  • デザイントレンド
  • デザインプレゼンテーション
  • コミュニケーションデザイン

「GLAMOROUS DESIGN WORKS」

2017年5月18日(木)

GLAMOROUS co.,ltd.代表/デザイナー

森田 恭通 氏

Yasumichi Morita

<PROFILE>

1967年大阪生まれ。2001年の香港プロジェクトを皮切りに、ニューヨーク、ロンドン、カタール、パリなど海外へも活躍の場を広げ、インテリアに限らず、グラフィックやプロダクトといった幅広い創作活動を行なっている。2013年婦人服・婦人雑貨フロアに引き続き2015年にはリビング、ベビー子供フロアの「伊勢丹新宿本店本館 再開発プロジェクト」が完成した。 2013年自身初の物件集「GLAMOROUS PHILOSOPHY NO.1」がパルコ出版より発売。 2015年に引き続き、2016年11月にも写真展「Porcelain Nude」をパリで開催。
SEGD Global Design Award、A' Design Award and Competition、Design For Asia Awards、 The International Hotel and Property Awards、INTERNATIONAL PROPERTY AWARDS、 THE LONDON LIFESTYLE AWARDS、The Andrew Martin Interior Designers of the Year Awardsなど、受賞歴多数。
http://www.glamorous.co.jp

森田 恭通 氏

第1部:講義「GLAMOROUS DESIGN WORKS」

講義1

本日のプレックスプログラムはGLAMOROUS co.,ltd.代表/デザイナー の森田恭通さんをお迎えして行います。今回が初のご登壇となる森田さんですが、会場は満員状態で、森田さんの人気ぶりが伺えます。インテリアだけでなく、プロダクトやグラフィックなど、様々な分野やニーズに合わせて活躍されている森田さん。本日はどんな面白い話が聞けるのか、開始前から受講生の期待が高まります。それではプレックスプログラムのスタートです!

講義2

昔からファッションが好きだったという森田さん。そんなこともあり、学生時代からおしゃれなショップやバーに出入りすることも多かった森田さんは、いつしか空間というものに心惹かれるようになります。そしてひょんな事から若者向けのバーのデザインを依頼された森田さんは図面も描けない未経験者ながらもファッション誌の切り貼りし、内装業者にイメージを伝えたそうです。そうして完成したバーが大ヒット。森田さんは本格的にデザイナーとしての道を歩んでいくことになります。

講義3

続いて、森田さんがこれまで手がけてきたお仕事について紹介していただきました。情報発信スペース「パーク」など、これまでにない造りで話題となった伊勢丹新宿本店のエピソードをはじめ、京都の嵐山駅やテレビ番組「アナザースカイ」のスタジオセットなど、数多くのデザインをここでしか聞けない制作秘話も交えて解説していただきました。「デザインってかっこいいもの、おしゃれなものだけが全てではありません。ダサかっこいいものが場合によってはいい時だってある。そのプロジェクト、そのニーズに合ったものが作れるかどうか、またそれだけではなく、そこにしかないようなオリジナリティやサービスを提案できるかどうかもすごく大事だと思っています。」

講義4

デザイナーとしてだけでなく、アーティストとしてもご活躍されている森田さん。これまで多くのアート作品を発表しています。「女性の身体って、世の中の曲線で一番綺麗だと思うんです。だから元々の趣味であった写真で表現しようと思ったんです。」という森田さん。一人の女性を被写体に身体の一部を切り取り、光と影で曲線美を追求した作品の数々に生徒のみんなも魅了されていました。ほかにも森田さんが考えるデザインの在り方をご自身の経験を踏まえてお話ししていただいたりと、受講生みんな大いに参考になったのではないでしょうか。あっという間に時間が過ぎ、前半が終了です。

第2部:ワークショップ「~行ってみたくなる、在ってほしいお店~」

ワークショップ1

後半はワークショプです。お題は『~行ってみたくなる、在ってほしいお店~』です。「 物と情報に溢れている中、ご自身がどんなお店だったら行きたくなるのか? お金を使いたくなるのか?物販、飲食、ポップアップショップなどなど、ジャンルは問いません。絶賛ご提案してください!」と森田さん。前半の講義を踏まえて、オリジナリティあふれる企画で森田さんを魅了することができるのでしょうか!?

ワークショップ2

それではいくつか紹介していきます。まずは「スターバックス×丼物」。スターバックスでお米を食べたいという人たちのニーズに応えるこの企画。グルテンフリーが注目され始めている今の時代にもぴったりな素敵なアイデアと森田さんからも好評価でした。続いては「車両内DJクラブ」。廃棄となった電車をDJクラブに改装し、今までにない音楽の可能性を提案しました。「とても面白いと思います!ただ、廃車を利用するというのもいいのですが、現役のものを貸し切ったりして、運行時間外に開催したりするのも面白いかもしれません。」と森田さん。非常に参考になるアドバイスまでいただきました。

ワークショップ3

まだまだ発表は続きます。雨が好きな人たちのための「雨の日カフェ」。雨が好きな人って意外に多いんじゃないかという疑問から生み出されたこの企画。人工的に雨を降らせ、来た人に癒しを与えます。また、笑いで会場を沸かせた「会話のない美容院」。美容師の人と世間話をしたくない。その代わり好きなアニメや映画が見たい!という誰もが内に秘めている要望を叶えたユニークな企画です。他にもオリジナリティあふれる企画が多く発表され、終始森田さんを驚かせていました。

総評

大盛り上がりだった今回のプレックスプログラム。最後に森田さんから総評です。「昨今、色々な情報が僕らの目や耳に入ってくるけれど、本当にその情報は必要なのか、必要じゃないのかを日々の生活の中で見極めながら行動していくと、きっと新しい発見がいっぱい生まれると思います。シンプルに考えた時に、これがあればいいなと思うものが実は自分が一番欲しかったものや行きたいものだったりすると思うので、是非そういった所を突き詰めていってみてください!」
森田さん、本日はありがとうございました!

このページの先頭へ