STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

コンテンツデザイナー
柴田 早理Sari Shibata

PROFILE
22歳 DIGITAL ART STUDIO グラフィック/DTP専攻

見る人に寄り添うような、親切なデザインをしていきたい。

将来は何かをつくる職業がいい、とずっと思っていました。大学では映像を専攻したり、サークルで演劇をやったり、フリーペーパーをつくったり。演劇の舞台のフライヤーなどをIllustratorやPhotoshopを調べながらつくっていくうちに、もっともっと自分の思い通りにデザインしたいという気持ちが強くなりました。そして、これを機会にデザインを仕事としてやっていきたいと思うようになったのです。大学でアートやデザインに触れることはありましたが、デザイナーになろうと決心してからは、それだけじゃ社会に出て行けないという焦りがありました。そこで、ダブルスクールしようと思ったのです。 この学校の授業は難易度が高いし、先生も辛口でなかなか褒めるようなことはしない。でも、一人ひとりのことをよく見ていて、力を引き出すようなアドバイスをくれるんです。「こうすればもっとよくなる」という気づきをくれて、自分の作品がだんだん社会と繋がる媒体になっていく実感がありました。学生である自分にとっては、社会人である他の受講生も先生のような存在でした。通常授業だけでなく、プレックスプログラムやソーシャルデザインラボに参加して大人の人たちと接する中で、社会でやっていくためのコツみたいなことを吸収できたと思います。 就職先は、ヤフー(株)に決まりました。この会社に入りたいと思ったのは、自分がデザインしたものができるだけ多くの人の役に立つものでありたいから。つまり、見た目だけでなく、使いやすさや、便利であるかどうかが求められる、そんなデザインがしたかったからです。今後も経験を積みながら、親切なデザイン、見る人に寄り添うようなデザインを目指していきたいと思っています。

グラフィック/DTP専攻へ

オススメの記事

自分の面白さが人とデザインを繋ぐ、そんな役割を担いたい。

クリエイティブディレクター富樫 航海 Kazuumi Togashi 31歳

DETAILS: 詳細へ
dokidokiを与え、自らdokidokiする企画を目指します。

アートディレクター/デザイナー兼重 遥 Haruka Kaneshige 28歳

DETAILS: 詳細へ
いつでも情熱を持ってデザインしたい。

パッケージデザイナー渡邉 唯 Yui Watanabe 26歳

DETAILS: 詳細へ