STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

空間企画・開発
小椋 瑞希Mizuki Ogura

PROFILE
31歳 SPACE DESIGN STUDIO 商空間デザイン専攻

都市開発や地方創生に携われることが、今の仕事の魅力です。

前職は、信託銀行で資産管理をしていました。マネジメントする立場になり、作業効率や職場環境の改善施策を行う際に「デザインができたらいいな」と感じることがあったんです。書類作成でミスしやすい所をヴィジュアル面でどう変えるべきか?働きやすいオフィス空間とは?そんなふうに考えることが増えたので、この学校で学ぼうと思いました。最初はクリエイティブデザイン専攻やデザインストラテジー専攻のカリキュラムを学んで基礎を固めました。続けていく中で、私が手掛けたいのは空間づくりだということに気づき、空間デザインの授業も受講することに。デザインは思っていたよりもロジカルで、金融業界を歩んできた私にも馴染みやすかった。その反面、授業内容はとてもプロ志向が強く、ちょっとナメていたな...と思いましたね。それで本腰を入れてやっていこうと、仕事も辞めました。通常授業のほか、プレックスプログラムや産学協同にも積極的に参加しましたが、その中で鍛えられたのは即興力。人と話しながらその場でアイデアをひらめかせ、相手の表情を見ながらブレストを深めていく力ですね。これは、今の仕事で大いに役立っています。修了後、設計会社のインターンに参加する中で、私は図面を描くよりも企画・提案のほうがやりたいと、ここでも気づきがありました。現在は、乃村工藝社の営業開発部門に勤務しています。都市開発や地方創生など、ビジネスと同時に社会的価値の創出に携われることが魅力です。この学校でデザインを学び、デザイナーにならないという選択も全然アリ。知識は様々なフィールドで活かせますし、興味がある方向に思いきりよく舵を切ったからこそ、やりがいのある仕事ができているのかな、と思っています。

商空間デザイン専攻へ