STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

スペースデザイナー
並川 昂大Kouta Namikawa

PROFILE
29歳 SPACE DESIGN STUDIO / 商空間デザイン専攻

目指しているのはお客様の満足度を高める仕事。

前職はワインショップで販売職をしていました。お店のディスプレイを考えるのは好きでしたね。社内のVMDコンテストでは毎回受賞するくらい、自分なりにこだわっていました。次第に空間デザインそのものを仕事にしたいと考えるように。転身する意志があるかどうか、かなり自問自答しましたね。なぜデザイナーになりたいのか、その理由が明らかになると同時に覚悟が決まり、仕事を辞めました。この学校では、空間デザインのプロセスを体系的に学べてとても有意義でした。学んでみて気づいたのは、店舗で働く側の立場にいたことはデザインに有益だということ。導線や商品補充スペースを設けるなど、働きやすさを追求しながら店舗設計の課題をこなしました。さらに、アウトプットにはインプットが不可欠。Webで事例を見るだけでなく、実際に店舗へ足を運んで撮影したり、一手間かけて情報収集してきたことが自分の引き出しになっています。 就職活動時はポートフォリオ作成に注力しました。デザイナーとしての就活の流れが全くわからなかったのですが、学校の就職相談で定期的にアドバイスをもらえたことがとてもありがたかったですね。現在は、株式会社タフデザインプロダクトで空間デザイナーをしています。入社してすぐに案件を任されたのですが、攻めの姿勢で仕事をして、迅速に実績を積みたいと考えていたので、嬉しい環境です。今後もお客様の満足度を高められるような仕事を続けたいです。予算上できないと思えることでも、何か方法はないか?埋め合わせできないかと常に考えています。先輩には、手掛けた店舗がデザイン誌に大きく掲載されている方々もいて、自分もそんな仕事をしなければと思って取り組んでいます。