STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

プロデューサー
横地 かおりKaori Yokochi

PROFILE
27 歳 DIGITAL ART STUDIO グラフィック/DTP専攻

デザインを学んで、プロデューサーとしてのキャリアアップに。

以前は広告代理店の営業をしていました。私が担当していたのはメディアバイイングからプランニング、ディレクションなど。幅広く携わる中で、特に広告の中身づくり、すなわちクリエイティブに関わる仕事に興味を持っていきました。もっと仕事でデザインに関わって、注力していきたいと思ったのです。部署の異動や転職など、いくつか選択肢はありましたが、改めてデザインを学んで、その本質を探ることにしました。デザインの勉強はすごく楽しかったですね。専門的に深く掘り下げていくことの手応えを日々感じていました。ただ、デザインは想像以上に奥深かった。当初は自らデザイナー職に就くことも考えましたが、これまでやってきたことも活かしていきたい。例えばコミュニケーションやマネジメントも含めてクリエイティブに関われたら、自分らしいキャリアアップができるんじゃないかと。だったらプロデューサーがふさわしいだろうなと思いましたね。現在は『カゼプロ』で、プロデューサーとしてデザイナーと一緒に仕事をしています。学校でデザイン工程を経験しているので、デザイナーへのリスペクトが入学前より大きくなりました。デザインそのものの価値もわかりますし、デザイナーが作りやすくするために、どんな情報を提供すべきかもわかるようになりました。この会社に入社したきっかけは、代表の戸練直木さんとお話しする機会があったから。広告業界を志していた時、戸練さんの著書を読み漁っていました。この会社は、クリエイティブでさまざまな価値を生み出し続けているところが魅力だと感じています。ゆくゆくは、女性の視点を活かしたコミュニケーション企画を発信していきたいですね。さらに、既にあるものをさらに良くするだけでなく、ゼロからイチを創り出したい。そんなプロデュースができたら嬉しいですね。

グラフィック/DTP専攻へ

オススメの記事

読者がニヤニヤしてしまう誌面づくりを目指します。

エディトリアルデザイナー小笠原 栞 Shiori Ogasawara 25歳

DETAILS: 詳細へ
イラストとサッカー、これらが就活で役立ったかもしれません。

グラフィックデザイナー大谷 友之祐 Yunosuke Otani 22歳

DETAILS: 詳細へ
デザインによる問題解決で、様々な人たちの力になりたい。

クリエイティブディレクター金指 了 Ryo Kanazashi 27歳

DETAILS: 詳細へ