FUTURE DESIGN LABOフューチャーデザインラボ

フューチャーデザインラボは、東京デザインプレックス研究所が企画・運営する学⽣主体のラボラトリーで、「ソーシャル・カルチャー・ビジネス的視点を持つデザイナーを未来に向けて輩出する」ことを⽬的としている。
2014 年設置以降、学⽣主体で社会の現状や問題点を理解し、地域や企業との関係性を構築しながら⾃分たちのできる解決法・改善法でアプローチを⾏っている。
また、2018年4⽉には活動内容を刷新。デザインによる問題解決をより実践的に⾏い、チーム制でユニークな活動を⾏っていく。

フューチャーデザインラボ 活動の流れ

メンバー募集開始

推薦/選考(⾯接・作品)

選抜メンバー確定

フューチャーデザインラボでは定期的にメンバーを募集。
選抜メンバーは基本的にTDP修了⽣に限定。
選抜試験(⾯接・作品)合格者に、学校推薦・講師推薦なども加わり構成される。

フューチャーデザインラボ講義

チーム分け

企画・プレゼンテーション

フューチャーデザインラボ顧問講師より本ラボやデザインに関する講義が⾏われた後、選抜メンバーのチーム分けが⾏われる。
各チームはプロジェクト企画書を作成し、学内プレゼンテーションを⾏う。

プロジェクト企画の決定

協⼒企業・団体の選定

プロジェクト(デザインワーク)の実⾏

プロジェクト企画決定後、協⼒してくれる企業・団体へアプローチを開始。
協⼒企業・団体の確定後は、学⽣主導で具体的な詳細計画を作成し、プロジェクト(デザインワーク)を実⾏する。

活動報告会

プロジェクト(デザインワーク)レポートを各チームでまとめ、活動報告会で発表する。

渋⾕・デザイン・学校

フューチャーデザインラボは「渋⾕・デザイン・学校」を軸に活動している。基本理念は、「学⽣主体で課題を⾒出し、⾃分たちのできる解決法・改善法でアプローチしていくこと」「学外に⽬を向け、地域や企業と関係性を構築しながら活動していくこと」「デザイン思考のプロセスを理解し、デザインを⽤いて問題解決に向け活動していくこと」の3点である。
現在、5つのプロジェクトがあり、それぞれが互いに連動しながら、ソーシャルデザインラボが掲げるタイムラインや⽅法論に沿ってユニークな活動を⾏っている。

TIMELINE & METHODOLOGY

TIME LINE

issue(発見)

insight(洞察)

vision(企画)

output(可視化)

communication(対話)

METHODOLOGY

re:search

re:study

re:design

re:use/cucle

re:duction

フューチャーデザインラボ 合宿

フューチャーデザインラボではプロジェクト企画に集中するため合宿を⾏いました。都会の喧騒から離れた古⺠家での合宿ということもあり、いつもより思考の幅が広がり、ディスカッションが活性化しました。この合宿をきっかけに⽣まれた「⼈に打ち明けにくい病気を持つ⼈が情報交換するためのWebサイト」や「ネットを介して本の書評を共有するアプリケーション」などの企画が最終プレゼンで発表されています。各チームでは今後、企画実現に向けて活動が続きます。

SHIBUYA-ZINE PRODUCED BY FUTURE DESIGN LABO

「SHIBUYA-ZINE」はフューチャーデザインラボのメンバーが中⼼となり発⾏されるフリーペーパー。渋⾕というエリアやそこで働く⼈に密着した企画が特徴です。洗練されたデザインの紙⾯は、廃棄予定の古紙を使⽤するなど環境にも配慮されています。