フューチャーデザインラボ

FUTURE DESIGN LABOは、東京デザインプレックス研究所が企画・運営する学生主体のラボラトリーで、「ソーシャル・カルチャー・ビジネス的視点を持つデザイナーを未来に向けて輩出する」ことを目的としている。基本理念は、「学生主体で課題を見出し、自分たちのできる解決法・改善法でアプローチしていくこと」「学外に目を向け、地域や企業と関係性を構築しながら活動していくこと」「デザイン思考のプロセスを理解し、デザインを用いて問題解決に向け活動していくこと」の3点である。現在、「東京・デザイン・学校」 を軸に5つのプロジェクトが活動しており、互いに連動しながらFUTURE DESIGN LABOが掲げるタイムラインや方法論に沿ってユニークな活動を行っている。

このページの先頭へ