STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

デザイナー
武藤 崇之Takayuki Muto

PROFILE
28歳 DIGITAL ART STUDIO グラフィック/DTP専攻

デザイナーの成長に必要なのは、自分なりのプラスアルファ。

前職は塾講師でした。チラシなどをつくる仕事もしていたのですが、それが面白かったんです。表現できることが見つかったという感覚から、具体的にデザイナーになりたいという気持ちに発展していき、東京デザインプレックス研究所に入りました。学校は楽しかったし、授業以外でも自習しに行けば誰かがいて一緒に切磋琢磨できる環境がよかったですね。デザインもそうですが、ガッツリ技術についても学べる。効率のよいやり方を教えてくれたことが、今の実務に活きています。 ポートフォリオ作りの際は、「自分にデザインさせてください」ということを発信して、経験を積んでいきました。自分にないのはクライアントワークの経験です。待っていても何も始まらないですから、好きなバンドのグラフィックデザインを勝手に作って、「使ってください!」と飛び込んでいったこともありました。実際に採用されてライブの集客が良かった、とか聞かされた時は嬉しかったですね。やはり、つくる相手がいると手応えを感じられて良いなと思います。 実は今の職場も、デザイナー自ら営業活動をしたり、クライアントと話をすることが多いんです。だから、やってきたことが今の仕事につながっているのかな、と思います。そういう働き方が自分に合ってるんですよね。デザインはコミュニケーションだから、その基盤になるクライアントとの""繋がり""がとても重要だと思います。将来は、その""繋がり""を大切にし、地域の魅力を発信するデザイナーになりたいですね。そのためにグラフィックだけでなく、Web、動画など何でもできるようになることを目標にしています。

グラフィック/DTP専攻へ

オススメの記事