STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

MICEプロデューサー
川ノ上 和文Kazufumi Kawanoue

PROFILE
32歳 BUSINESS DESIGN STUDIO デザインストラテジー専攻

世界の都市に飛び込み、新しい価値を創っていきたい。

東京デザインプレックス研究所の事を知ったのは、留学サポートの会社で勤務していた北京でのことでした。街を巡って商業施設などを見て回るのが好きでしたが、日本のヒカリエやKITTEなどのように、中国にはコンセプトを持った施設があまり多くないんです。箱を用意して、その中にありきたりな商品をただ並べているという空間ばかりだな、と考えていくうちに、自分でも空間に仕掛けられているコンセプトを考えたり、集客するプランを企画して、空間プロデュースができたらと思うようになり入学しました。つまり、空間(ハード)の中で行う企画(ソフト)に興味があったんです。 ですから、学校で空間づくりの考え方を、実践を通して学べたことがよかったですね。デザインストラテジーの授業では、仕事に関わり合う上での提案力が大きく磨かれましたし、空間デザインの授業では、空間設計の知識や技術だけではなく、流行る店、人が集まってくる店を作るための具体的なノウハウを知れたことが、自分にとっては大きな収穫でした。総じて、現場のプロの話が聞けたのが良かったと思っています。また、受講期間中に、講師とクライアントとの打合せに立ち会える課外活動があり、意気込みがあればたくさんの機会に満ちている校風というか、学校のオープンなところが好きでしたね。 現在は、コンベンションセンターなどの施設運営を行う会社で働いています。委託を受けている施設の中で、イベントや展覧会、会議などの企画・設計・運営を施設担当としてサポートするんです。ですから、空間(ハード)を活かして企画(ソフト)を実施する仕事といえるかもしれません。今後は中国語や英語を生かして海外とつながりのある企画を進めていくつもりです。

デザインストラテジー専攻へ

オススメの記事