STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

UIデザイナー
岡部 草子Kayako Okabe

PROFILE
31歳 BUSINESS DESIGN STUDIO UI/UX専攻

学んで良かったのは、デザインの明確な答えを導き出せることです。

前職はお菓子メーカーで販促物制作をしていました。UI/UXを学ぼうと思ったのは、この職種の求人が増えているということを知ったのがきっかけです。デザインを学ばずに制作の仕事をしていた私にとって、スキルアップの機会になるのと、自らのデザインをしっかり説明できるノウハウを得られるのではと考えて、学校に通おうと決意しました。実際に学んでみて感じたのは、グラフィックとは全く違うアプローチでデザインするということ。デザインというより設計に近いということは、実は授業を受けていく内に気づいたことでした。結果的に、デザインのロジックが分かったことが収穫でした。

修了後は、SaaS事業を行っている会社に就職。企業向けWeb サービスのUIデザインを担当しています。仕事をするうえで大切だと思うのは、コミュニケーションです。UIデザインをするにしても、まず情報を集めることが大前提。いろいろな方に話を聞いて効率よく情報を集めないといけません。前職の場合、あらかじめ詳細な指示書があったりと、いろいろお膳立てされていたので、余計にコミュニケーションの大切さを感じます。今はリモートワークで、テキストコミュニケーションにはちょっと苦労していますね。でも、デザインの仕事を長く続けられるようなキャリアチェンジがしたかったので、全てリモートでこなせる現状に満足しています。

UI/UXを学んで良かったのは、ユーザーにとって「こうすれば使いやすくなる」という明確な答えを導き出せること。その理念は、Web以外の媒体をデザインする際にも活用できると思います。肩書はUIデザイナーですが、自社サービスのビジュアル全般に携わっていくつもりで頑張りたいです。

UI/UX専攻へ

オススメの記事

世界の都市に飛び込み、新しい価値を創っていきたい。

MICEプロデューサー川ノ上 和文 Kazufumi Kawanoue 32歳

DETAILS: 詳細へ