STUDENTS VOICE東京デザインプレックス研究所 修了生の声

グラフィックデザイナー
服部 宏輝Hiroki Hattori

PROFILE
23歳 COMMUNICATION DESIGN STUDIO デジタルコミュニケーションデザイン専攻

デザインに真摯に取り組む、 それが自分のモットーです。

もともと自分は、愛知の大学で都市環境デザインについて学んでいました。もっと表現力を養いたいと考え、設計や設備にとらわれないグラフィックデザインも学んでおきたいと思うように。そこで3年生修了までに単位を取り終え、4年生の時に東京へ来て、この学校で学ぶことにしたんです。在学中に自分が成長できたと思える2つのことがあります。一つは、目的を意識したデザインができるようになったこと。学び始めた当初は、自分の理想と本来の目的とのギャップを埋めるのに苦労しました。でもデザインストラテジーの授業でデザイン思考を学んだことをきっかけに、見た目だけでなく、つくる過程やその先のコミュニケーションまで考えることが、デザインの本質なのだと実感しました。もう一つは、人と繋がることの大切さを知ったこと。当初、クラスメイトとはそれほど繋がりを持たず、黙々と学んでいくつもりでした。でも実際は、みんなの作品を見たり、意見を聴いたりして影響を受けることが多かったんですね。それから積極的に繋がろうと思うように。1年制修了時も、もっと学びたいと感じてデザイン強化クラスに出たり、クラスメイト同士でお互いの作品をプレゼンし合いました。現在は『ON』に在籍して、広告やエディトリアル、Webなど幅広いデザインを任せてもらっています。モットーにしているのは、一つひとつの案件に対して真摯に取り組むこと。その中で悩むことがあれば、在学中に講師がかけてくれた言葉の数々を思い出しています。将来は、まちづくりに携わるようなスケールの大きいデザインに取り組んでみたいです。地元・岐阜に還元できたら嬉しいですね。それまで幅広いスキルを身につけようと思っています。

デジタルコミュニケーションデザイン専攻へ