社会問題にアプローチするクリエイターを育成
東京デザインプレックス研究所 ソーシャルデザインラボ始動

大人のためのデザイン専門校、東京デザインプレックス研究所(所在地:東京都渋谷区、学長:平川ナオミ)は、「ソーシャルデザインラボ」を2015年1月に始動する運びとなりました。東日本大震災以降、デザイン業界においても社会的視点を持つ人材の育成が重視されるようになっています。ソーシャルデザインラボでは、渋谷に位置する学校の独自性を活かし、学生が地域に帰属できる活動を展開。社会の現状や問題点を理解し、地域や企業との関係性を構築しながら、デザイナーとして実現可能な方法を探求し、プロジェクトとして実施して参ります。
現在、当校の修了生を中心に50名以上のメンバーが集結。今後、ソーシャルワークに協力してくれる企業・団体を募り、学生主導でプロジェクトを企画・実行してまいります。



【東京デザインプレックス研究所】
「東京発コンテンポラリーデザインの複合型教育機関」として2012年設立(2015年1月現在1,300名超の学生が在籍)。「ボーダレス思考」「ソーシャルデザイン」「経済合理性」「デジタル環境対応力」「プラスコミュニケーション」を教育コンセプトとした、大人(社会人・学生など)のためのデザイン専門校です。最先端の教育プログラムや独自の教育システムがデザイン業界から注目を受けています。
<教育分野>
グラフィック/DTPデザイン、WEBクリエイティブ、商空間デザイン、インテリアデザイン、CAD/3DCG、クリエイティブデザイン、デザインストラテジー、雑誌編集&デザイン
https://www.tokyo-designplex.com/

・お問い合わせ
TEL:0120-456-539
受付時間 平日・土曜・祝日 10:00~20:00、日曜 10:00~18:00

このページの先頭へ