東京デザインプレックス研究所の全コースが助成対象!

キャリア形成促進助成金

キャリア形成促進助成金は、正規雇用する労働者のキャリア形成を効果的に促進することを目的とした厚生労働省の制度です。この制度を活用すれば、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部が国により助成されます。企業の人材育成と労働者のキャリア形成のためにご活用ください。

※東京デザインプレックス研究所のほぼ全てのコースで、この助成金がご利用できます。

  • 助成額/年内最大500万円
  • 経費助成/1人当たり最大50万円
  • 賃金助成/1人1時間最大800円

助成金申請の流れ

※スケジュール申請後の変更には、変更申請が必要となります。
※申請通りに受講されない場合、助成金が支給されない場合があります。

利用要件

<制度利用にあたり>

  1. 正規雇用労働者への研修であること
  2. 雇用保険適用事業所の事業主であること
  3. 会社都合による解雇が無いこと(研修開始日の6ヶ月前から換算)
  4. 厚生労働省の定める申請書類を提出して研修を実施すること
  5. 1コースの訓練時間が20時間以上であること
  6. 助成対象となる訓練コースは、1人当たり1年度3コースが上限

研修の対象者

  • 新入社員/内定者向け研修
  • WEB/デザイン系専門部署向け研修
  • 広告宣伝・商品開発・マーケティング担当者向け研修
  • マネジメント層向け研修

助成対象となる訓練

対象訓練 内容 対象 経費助成 賃金助成
※1人1時間あたり








成長分野等人材育成コース WEB・ITなどの成長分野等での人材育成のための訓練 中小企業
(大企業)
1/2(1/3) 800円(400円)
若年人材育成コース 採用後5年以内で、35歳未満の若年労働者への訓練 1/2(1/3)
※2/3(1/2)
育休中・復職後等能力アップコース 育児休業中・復職後・再就職後の能力アップのための訓練 2/3(1/2)
一般型訓練 政策課題対応型訓練以外の訓練 中小企業 1/3 400円

※経費助成とは研修費用について助成される金額を指します。賃金助成とは研修時間について助成される金額を指します。
※経費助成・賃金助成の( )内は大企業の助成率と助成額。
※若年人材育成コースの経費助成率は1/2(1/3)を基本とするが、認定事業主の場合経費助成率が2/3(1/2)となる。
 認定事業主とはユースエール認定企業を指す。

経費助成の上限

対象訓練 企業規模 100時間未満 100時間以上
200時間未満
200時間以上
政策課題対応型訓練
(成長分野等人材育成コース/若年人材育成コース/育休中・復職後等能力アップコースなど)
中小規模 15万円 30万円 50万円
大企業 10万円 20万円 30万円
一般型訓練 中小規模 7万円 15万円 20万円

※企業規模とは、労働局の定める基準によって「大企業」「中小企業」に分類されます。

助成金の詳細について

お気軽に東京デザインプレックス研究所法人研修部までご相談ください。

東京デザインプレックス研究所 法人研修部


【東京デザインプレックス研究所の資料を請求する】

資料請求

学校パンフレット(全168ページ) 無料送付中。
全50コース超のプログラム詳細も掲載されています。

【東京デザインプレックス研究所の事前相談を予約する】

事前相談を予約する

学校の詳細についてご説明します。
また、ご要望に応じて、プログラムのカスタマイズも可能です。

このページの先頭へ