プレックスプログラム レポート

  • クリエイティブワークショップ
  • +コミュニケーション

「未来を創るデザイン」

2012年9月1日(土)

松井 龍哉 氏

Tatsuya Matsui

<PROFILE>

ロボットデザイナー。科学技術振興事業団にてヒューマノイドロボット「PINO」などのデザインに携わり、2001年フラワー・ロボティクス社を 設立。ヒューマノイドロボット「Posy」「Palette」などを自社開発する。「Palette」は09年より販売、レンタル開始。航空会社 スターフライヤーのトータルデザイン、ダンヒル銀座本店店舗設計、KDDI「iida」のコンセプトモデル「Polaris」のデザイン・開発な どがある。MoMA、ベネチアビエンナーレなど出展多数。iFデザイン賞、グッドデザイン賞など受賞多数。

松井龍哉氏

第1部:トークショー「未来を創るデザイン」

講義1

まずは松井講師の携わっている「ロボット」について。「どこで講演をしてもまずはロボットのルーツを話すのが決まり」とプロローグから入ります。
実はロボットは「概念はあやふやなところが多い」、「呼び名の由来はチェコ語で〈労働〉を意味する」こと等、根源的なことからお話しいただきました。
車産業において世界中で活躍するロボットや、動く飲食店の看板やロボットアニメなどを例に挙げながら「ロボットは人間の代わりに作業を行うモノなのか?」という内容までお話しいただきました。

講義2

続いてロボットの「定義」について。ロボットの「定義」は「センサー」、「知能・制御系」、「駆動系」の3つ。この3つ要素技術があるものを「ロボット」としますが、人間と似たものに近づけるための要素であることも同時に感じられます。「デザインをはじめたときは“機能”をデザインしていた。けど今は、環境から得られる情報から学習する“自律性”をデザインしている。
10年かかってようやく辿り着いた結論」と松井講師は話します。

講義3

ここからは“ベンチャー企業をデザインしている”「フラワー・ロボティクス」について。
「人間にとって本当に必要なものは何か?ロボットの技術と人間のごく普通の生活の中で、一番自然な形で共存できるものは何なのか?」ということから考えた末に、予測を立てて動くマネキン型ロボットを開発。「オブジェではなくダイナミズムをデザインしている」と商品説明をしていただきました。

講義4

講義も終盤。ここでは「From Tokyo」の信頼される理由や、「オリジナル」について。「都市からのブランディングは圧倒的に世界に広まりやすい」「日本製品のブランド価値の高さは、世界から信頼を得るために努力してきた先人たちの結晶です。」と松井講師。
「デザイナーに求められるオリジナルはすぐ足元にある」と“渋谷”でデザインを学ぶことの意味と合わせてお話しいただきました。

第2部:ワークショップ「未来のロボット」

ワークショップ1

続いてワークショップ。「自律」をキーワードにロボットの3要素を取り込み新しい企画を考えます。そしてそれをビジネスの現場でも使えるようグループに分かれて考えていきます。
「若い人が集まるっていいよね。僕等40代が集まってもこんなにアイディア出てこないもん」とアイディアに苦戦する受講生とは裏腹に松井講師は嬉しそう。

ワークショップ2

あっという間に発表の時間。チームの半数が女性だったチームは「料理を作ってくれるロボット」をプレゼン。
好みの味を知るために学習し、体調に合わせてメニューも変えてくれるなど至れり尽くせりの機能。これに対し講師は「小学生にも同じテーマで考えてもらった時も“料理”に関するアイディアは多かった。
金額面やコストを考えると家政婦さんの方が良い場合もある。これから先は〈ロボットと人間〉の競争が始まりそうだよね」とロボットと人間の在り方の将来についても時に笑いも交じえながらお話してくれました。

ワークショップ3

電車内の問題を解決する「ロボットレイン」や服選びを楽しくする「スタイリングロボット」等、全チームの発表が終了。
講師の講評から感じられたのは「Tokyoから世界に発信したい」デザイナーの想いと、「負ける勝負はしない」という経営的な観点のどちらもが重要という事です。
「これからの時代はクリエイティブな人が開発のリーダーになる。難しく専門的に考えるのではなくユーザーにとって何が一番HAPPYかを考え生み出し、製品すべての責任を持つデザイナーであって欲しい」と言葉で全体を締めくくりました。

全体を通じてのメッセージ

「Will=意志=動機から発して実践させる活動」が松井講師のデザイナーに対する考え。
「“プロダクト”ではなく、その後ろにある産業がすごい。1枚のガムにもたくさんの人の生活が詰まっている。Apple社のように1つの製品の後ろにあるたくさんの人の生活を支えるデザインが大切」と話し、これからのデザインに携わる私たちへ力強いメッセージが講義のなかにちりばめられていました。
ユーモアを交えながら「ロボット」と「デザイン」とずっと向き合ってきたからこそ話せる内容の講義をしていただきました。松井講師、ありがとうございました!

text by 編集&ライティングコース
鳥居友依

このページの先頭へ