プロフェッショナルメッセージ

長谷川 喜美 Kimi Hasegawa

  空間デザイナー。ベルベッタ・デザイン代表。空間、グラフィック、Webサイトに至るまで、デザイン全般を幅広く手がける。近年では、銀座イルミネーション"希望の翼"、表参道イルミネーション、表参道ヒルズのエントランスデザイン及びイベントスペースデザイン、日産デザインセンターブランドルーム、マツダ新車発表会では次代を担う3人の女性クリエイターとして参加。その他、ミラノサローネにおける各種企画展のクリエイティブディレクション、ネイルサロン「Nail Station」のクリエイティブディレクション及びブランディングなど。DDA産業大賞、DDA優秀賞等多数受賞。www.velveta.jp
 
"空間に集う人"の想いや時間も、全てをデザインしたい。
 
旅行好きな両親の影響で、幼少のころから海外の素晴らしい建物や空間デザインに触れる事が多かったと思います。強く印象に残っているのは、南仏の小さな教会。その日は曇っていたのですが、教会の中に入ったとたん晴れ間が見え、天井や壁のステンドグラスの光が床一面に拡がったんです。「場が変容する」という体験をして、それがとても感動的だったのを覚えています。そんな空気感は今のクリエイションでも大切にしています。私がデザインコアとしているのは「空気をデザインする」という事。モノやカタチだけでなく、空間に集う人の思いや時間さえもデザインしたい。"読後感"のような、まるで本を読んだ後に残る感情や印象のようなものを感じて貰いたい。
 
1つのデザインを完成させるのに多数の案を生み出し、様々なファクター、模型、CG作成等、その都度多角的に検証するという過程を経ます。スケジュールや予算も加味しなくてはいけない。とても大変な作業ですが、自分がデザインしたものに対しては、取り巻く環境や状況がどうであれ、言い訳をせず現実を正面から向き合う。「デザインの責任は全て自分」これは私が信念として貫いている事です。逃げてしまったら、次のステップへ行くのは難しいでしょう。これからチャレンジする人は、心に刻んで欲しいですね。様々な制約がある中でクリエイトしていく、それがデザイナーなんです。華やかな作品の水面下では、必死に足をバタバタさせているんですよ(笑)。
 
さらに、私は今育児中。でも、出産や子育ては、クリエイションにプラスのインスピレーションとなっている実感があります。今までは100%全ての力が仕事に向けられていました。その割合が減るのでは無く、育児中の現在は120%にも150%にも力が注げるようになるった気がします。デザインの幅や視野がさらに拡がり、時間の効率化をさらに図れるようになりました。手抜きをするのではなく、短い時間でさらに深く向き合えるようになったのだと思います。自分の人生や生き方とともに歩みながらデザイナーを楽しみ、高めて行きたい。そして、これからも多くの人の"笑顔のために"デザインしてゆきたいと思っています。
このページの先頭へ